ルテインサプリ 副作用

ルテインサプリの副作用

ルテインの副作用というのはこれまで確認されたことがありません。

例えばルテインを多く摂取することで副作用が出るという医学的なエビデンスは存在していないということです。

 

ですから科学的または医療的な見地からルテインの副作用は今のところは報告がありません。

 

そして次にルテインサプリを実際に飲んでいる人達から副作用があったのかどうか?

 

これも実際にはありません。何か悪い方向に行ったという報告もありませんし、ルテインサプリの副作用により販売中止になったという話も聞いたことがありません。

 

そういったことでルテインサプリの副作用ってどんなものがあるのか?という疑問がある方がいらっしゃるかもしれませんが副作用がないので答えようがないというのが現状です。

 

飲み過ぎに注意すると特に問題はない

何でもそうですが飲み過ぎると余り良くありませんよね。

 

ですから適量を取っていくのであれば問題ないでしょう。

 

こちらではルテインサプリを紹介したいと思います。ご参考まで。

ルテインサプリランキング

リフレ ブルーベリー&ルテインの特徴

ブルーベリー&ルテインの特徴は、

ルテイン6mg、アントシアニン40mg配合

機能性表示食品です

・ビルベリー由来アントシアニン40mg配合

・定期コース初回限定で価格1,000円(税込)

・目の疲労感を改善

・目の黄斑部の健康を守る報告有り

価格 1,535円(税込)
評価 評価5
備考 初回限定で1,000円キャンペーン有り
リフレ ブルーベリー&ルテインの評価

ブルーベリー&ルテインは機能性表示食品に指定されています。

商品の強みとしてはビルベリー由来アントシアニン40mg、ルテイン6mg配合されていてブルーベリーサプリではトップクラスの成分量です。

ビルベリー量とルテイン量が明確にされているのがおすすめポイントです。バランス良く多く入っているのはこの商品の強みです。


今なら定期コース初回限定で1000円お試し価格で購入できます。

定期コースの回数縛りはありませんのでそこも安心ですね。なるべく安く試したいものです。

 

めなりの特徴

めなりの特徴は、

ルテイン12mg配合

・ビルベリー120mg配合

・アントシアニン含有量3倍以上!

・業界トップクラスの成分量です

・リピート率90%超え!

・ルテインの吸収率が高い

価格 907円(税込)
評価 評価4
備考 定期便毎月1袋で2,980円、通常価格3,980円
めなりの評価

成分量が高くルテインの量も業界トップクラスです。

質が高い商品で押したいところですが、2回目以降の価格が高いのが問題点だと思います。


初回は907円と非常にリーズナブルなので試してみる価値はあります。

お金に余裕がある方なら最も成分量が充実しているめなりはおすすめです。

効果が欲しい、実感がとにかく欲しいという方向けです。

 

ファンケル えんきんの特徴

ファンケル えんきんの特徴は

ルテイン10mg、アスタキサンチン4mg、DHA50mg
機能性表示食品です

・ピント調節機能を助けます

・目の酷使による肩・首筋への負担軽減

・ルテイン、アスタキサンチン、シアニジン-3、グルコシド、DHA含有

価格 1,000円(税込)
評価 評価3
備考 通常価格は2,160円(税込)
ファンケル えんきんの評価

ファンケル えんきんはCM等でもおなじみですね。

老眼サプリという印象が強いかもしれません。

こちらはルテインが10mgと豊富に入っているのが魅力です。

また特徴として北欧産ブルーベリーが使用されていて、更にDHAの含有量も多くバランス良く成分が配合されているところも◎です。

ファンケルという有名な化粧品・健康食品のメーカーが生産販売していることも安心です。

こちらも売れている商品で最近目の機能が弱ってきて困っている方にオススメしたい商品ですね。

持病がある場合は医師に相談するべき

さてルテインサプリには副作用が見当たらないという話でしたが持病がある方はサプリを使う前に医師に相談した方が良いでしょうね。

 

ルテインサプリなら別に相談しても恥ずかしくはないのではないか?と思います。

 

お医者さんはいろいろなタイプの方がいてサプリメントに否定的な人もいるのは確かです。

 

「全く意味ないですよ」とか言う人もいるわけですが、それなら老眼を治して欲しいと言うべきかもしれませんね。

 

そうなると治せないと返ってくるでしょうから、こちらとしては治せないからサプリを試そうとしているんだということなんですよね。

 

そんなことでこの話はしなくても良いですが笑、飲んで大丈夫なのかは一応確認した方が良いかもしれないということです。

 

アレルギーに関しては成分が公式HPにそれぞれ掲載されているのでそちらで確認したいところです。

 

<<ルテインサプリランキング>>